worldfootweargallery

記事一覧(38)

God is in the detail

 "God is in the detail" 20世紀モダニズム建築の巨匠、ミース・ファン・デル・ローエが好んだ言葉、「神は細部に宿る」。 良い仕事とは、細部まできちんと手を抜かず、心を込めて行われていること。こだわりや素晴らしい技術は、一見して分かりにくい。何事にも通じる言葉です。 先日、セイジ氏にSeiji McCARTHYの靴つくりで、気を遣っている点など聞いてみました。セイジ氏は、自身の手掛ける靴において、「スマートさ」を重要視しているそうです。それは主に3ポイントが挙げられました。①木型 フィット感と見た目のバランス。フィット感で定評の靴ですが、実は足型通りに木型を削っていないそうです。足に合わせつつも、痛くないように考慮し、バランス良い形状を模索して削るとのことです。②アッパーとパターン これはバランスが一番大事だと熱く語り始めました。足の特徴によってパターンのバランスと取るそうです。私が意外だったのは、例えば顔が丸い方のパターンは、曲線を丸く顔の輪郭や雰囲気も考慮する点でした。顔が細い方は、少しアグレッシブにとか。靴が完成され、納品時に試着頂くと、その方と靴の相性とは足とのフィッティングだけではないと感じるそうです。雰囲気(個性)とのマッチングは思いのほか重要なファクターだと。③靴つくり 細部まで集中して、丁寧に仕上げるよう努める。ステッチ、ウェルトなど細かい部分も気にしている。話を進めるうちに、セイジ氏は自分のつくった靴がお客様の一部になって欲しい。だから、相手の事を考えた靴に仕上がる事を大切にしているとの言葉が出てきました。木型とパターンが一番大事になってくる。相手に合わせた、バランスの取れたものであること。話を聞きながら、職人さんは日々の精進により、細部の仕事はより細やかに、技術が磨かれてくるけれど、木を見て森を見ずにはならないよう、履く方の満足の為に何にこだわり快適な靴として進化させるのか。本当にこだわりや技術は、一見して分かりにくい。 しかしながら、受け取った方は、暮らしの中でその真価を問われる訳です。靴つくりも、私共接客業もしかり。日々の努力が大切です。

LOAKE キルトタッセルローファー Brighton(ブライトン)

 LOAKEブランドの代名詞と言えば、Brighton(ブライトン)!
キルトタッセルローファーです!  同型のモデルを映画「さらば青春の光」で主人公が履いていたり、このBrightonをロック歌手のポール・ウェラーが履いていたりと、モッズファッションがお好きな方には垂涎の1足ですね!
このBrightonというモデルネームの由来は、モッズとその対極の位置にいたロッカーズとの大乱闘が行われたことでも有名な場所からとられています。
モデルネームから凝っていますね。
  バインダーレザーによってアッパーは形成されており、雨や汚れなどにもめっぽう強いのが特徴で、お手入れも楽々です!
ローファーの顔ともなるモカ縫いは旧式の機械を使用し、時間を掛けて作っています。
この昔ながらの製法でないとローク独特のモカ縫いは作れないそうです。

パッと見るとずんぐりしているような、印象ですが、履いてみるとかなり上品な顔つきです。
モッズがスーツにあわせて履いていたのも、納得できる品の良さです。 
 もちろん履き心地の面においても秀逸です。
足入れをすると、指周りはゆったりとしているのに、土踏まずの部分のホールド感が強く、ローファーにありがちな踵の抜けがないように、履き口のラインを内側に振ってフィニッシュ、さらに踵が深く出来ているので、安定感は抜群。
指周りも楽で履き心地はいいのに、しっかりとホールド感も残しているのは本当に素晴らしい出来栄えです。あまりの履き心地の良さに感動すら覚えます。

よく見るときちんと木型によって吊り込まれており、靴が人の足のようにうねっています。
こうして履きの良さと品の良さが生まれます。 製法はもちろんグッドイヤーウェルト製法ですので、ソールの修理も安心です。

茶色スエードのサイドゴアブーツ

 1995年頃、"OP"という雑誌があり、そのファッション特集を見て私はファッションの業界に飛び込むことを決意しました。当時私はイギリス製薬会社のMR(営業マン)として栃木県で仕事をしていたので、世界的なファッションの情報は雑誌からがほぼすべて。たまに東京へ行って渋谷、原宿でファッションの空気を吸う程度で、毎日ファッション雑誌のページを繰っては世界の空気を感じるのが日課でした。 "OP"という雑誌は現GQ編集長の鈴木さんが創った雑誌で、ロンドンの取材が充実していたのを覚えています。ジャーミンストリート、サビルロウに並ぶ店の数々を取材した記事を見て自分も行ってみたいとは思いましたが、生来それほど旅行が好きというわけではなかったので、そのうちいつか、という程度にぼんやり考えたのを思い出します。

 縁があってワールド フットウェア ギャラリーで仕事をすることになり、2001年に仕事で初めてロンドンを訪れました。雑誌で見た店が並ぶストリートを見て回り、それはもう感動しました。T.M.Lewin & Sons、Hilditch &Key、Turnbull & Asser、Edward Green、Foster & Sons、Crocket & Jones、Tricker's、Huntsman&sons、Henry Poole & Co.。。。ただ、店内に入るのはなかなか勇気がいる店構えの店ばかりで、実際にそこで買い物が出来るほどお金が無かった当時、ここだけは絶対に入店して買い物したいと思っていた店が、オズワルド ボーテングの店でした。 サビルロウ1番地。雑誌"OP"で特集され、ネクタイとシャツは渋谷のセレクトショップで買ったことがありましたが、スーツはさすがに着る勇気が無かったのを覚えています。直線的なカッティングが特徴的で比翼のジャケット、ダブルで1つボタンなどエレガントかつアヴァンギャルドなスーツは製薬会社の営業マンが病院の廊下で着るスーツではありません。 1990年代当時、デザイナーのオズワルド ボーテング本人は、全てのスーツに茶色スエードのサイドゴアブーツを履いていました。そのエレガントな着こなしは今でも鮮明に覚えています。今季は是非スーツ、タイドアップに茶スエードのサイドゴアブーツを合わせたいです。

 結局、初めてのロンドン、サビルロウ、念願のオズワルド ボーテングでは買い物をしませんでした。いくら好きだからと言っても、いくら思い入れがあったとしても、自分に似合うものを着こなすのがファッション業界人としてのマナーだからです。

鹿革の靴

 鹿革は牛革と大きく違う特徴がいくつかあります。 ①.丈夫で、柔らかく、滑らかな肌触り
鹿革は非常に丈夫な素材でいながら、キメが細かいのでしっとりとした肌触りがあるのが特徴です。さらには革そのものが柔らかいため、履き馴染みにも時間を要しません。 ②.水に強くて通気性に優れている
吸水性や保湿力が高いので水にも強く、濡れても変形しにくい特徴があります。通気性もいいので、蒸れにくいという特性もあります。③.古来より日本では鹿革を用いてきました
現在は牛革に比べると馴染みがありませんが、非常に優れている特性から日本では古くから鹿革が用いられました。
鹿革は適度な伸縮性を持っているので、数年間 お手入れをしなくてもしなやかさを失いません。革そのものが老化しにくいのも柔軟性を保つ理由です。

事実、東大寺正倉院には鹿革製のものが保存されていますが、千年以上たった今でも柔軟性と色彩の両方が保たれています。これが他の革にはない鹿革が持つ優れた点です。経年変化  お陰様で大変ご好評を頂いている、ORIENTALの靴。

オリエンタルでは、今日においては稀少になっている鹿革を用いた靴も一部モデルで展開しています。

鹿の革は柔らかさに富み、革の馴染みが非常に良いため、革靴特有の「硬さ」を感じにくく、最初から快適にお召し頂きやすい靴となっています。 
先日、長年ワールドフットウェアギャラリーをご愛顧頂いているお客様が以前お求め頂いたORIENTALの鹿革のお靴をお召しになってご来店下さいました。

やはり最初から非常に履きやすく、馴染みが良かったとお褒めの言葉を頂きました。

鹿の革はシワが細かく入りますが、全体を見渡した時に、鹿革ならではのリラックスした表情になり、全く安っぽさやヤレ感を感じさせません。 
 鹿革の靴は2アイレットの外羽根プレーントウ、シングルモンクスリッポン、チャッカブーツの3種をご用意しております。